忍者ブログ
ちょっとでも興味をもったらコメント残してくれるとうれしいです^^ コメや私書も大歓迎、相互リンクも大歓迎です♪
プロフィール
HN:
れい 桜花爛漫♪
性別:
男性
趣味:
主に吹奏楽wほかたくさんw
自己紹介:
狂花国にて咲き乱れ♪
体育館裏にはご注意を♪

リアルではトランペット片手に奮闘中♪
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[08/04 れい]
[08/01 とりから]
[07/19 とりから]
[07/13 タクト]
[07/13 トタン蝶々]
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の所属する楽団の定期演奏会に向けての活動がいよいよ本格化してきました。
世間では夏はコンクールの時期ですが、今年度は見送る方向です。

ちなみに演奏会は1月末日、会場は某有名コンサートホールになってます。
1月に北海道にいる人、旅行する人はぜひ遊びに来てね♪(蹴

ちなみに演奏会での仕事の私のポジションは…
副団長(団長不在時の代役)
プロジェクトリーダー(演奏会の総責任者)

去年と変わらず_| ̄|○
ポジションはいくつもあって説明しきれないのですが、はっきり言うと「一番大変で残念な人」です。

・・・1月まで頑張ります;;
PR

La forme de chaque amour change comme le Kaleidoscope
ラ・フォムル・ドゥ・シャク・アムール・ションジュ・コム・ル・カレイドスコープ

「いきなりなんだ」と思った方もいるかもしれませんが、天野正道作曲の吹奏楽曲です。
曲名を訳すと、「愛は万華鏡のように形を変える」だそうです。

題のとおり、この曲は幻想的な雰囲気の中、愛を象った様々なメロディが移り変わるように演奏されていきます。
その中には、男女の愛、家族の愛、人類の愛、また、歪んだ愛、愛の不安定さ、等も表現されています。
非常に、象徴的で人間的な奥深い曲です。(意味がよくわからないw

私の所属する楽団の定演(3月9日)のDVDが届きました。
その中からちょいと取り出してみます。
興味ない方が多いと思うのでほんの少しだけw

あ、今回から吹奏楽カテゴリー作ることにしました。

1st stage クラシカルステージ

タイトルのとおり、オケのアレンジ物や吹奏楽のオリジナルを演奏。
今回は「ダッタン人の踊り」や「シンフォニックダンス」等、計4曲を演奏。
多少の拙い部分はあるものの、物語のストーリーや作曲者の意図を表せた演奏になってると思いました。
やはりその分、音ズレやリズムズレはもったいないという気が。
アマチュアで個人のレベルに差がありすぎるから、仕方ないと言えば仕方ないんだけどやっぱり何とかしたかった。
あと、ソリストのみなさんは緊張しすぎないこと。←これ重要。
個人的な反省を言えば、演奏を楽しみすぎたこと。
楽しむのはいいんだけど、楽しすぎて熱くなりすぎてしまった。そこは反省。

2nd stage ポップスステージ

お客さんに親しみのある音楽を吹奏楽の響きでお届けするステージ。
企画や演出もあり、普段音楽に親しみの無い方も楽しんでいただけると思われるステージ。
「銀河鉄道999~宇宙戦艦ヤマトのメドレー」や「ソング・オブ・ライフ(世界遺産テーマ)」、「サンダーバード」等を演奏。
お客さんに演奏を楽しんでもらうには、自分たちがまず楽しんで演奏しなければならないのに、それができてなかった気が。
演奏することに必死で、演奏する喜びや感動を表現できてないような感じでした。
あと、曲ごとにイメージの転換が出来てませんでした。
正直どの曲もテンション同じで突っ込んでった気が。
個人的には、2部のパート割(全曲1st)が悪くて、悔いの残る結果に。
…これ以上言うまい。

ちょっと反省文っぽくになってしまいました。
全てれいの主観でした。ごめんなさい。
忍者ブログ [PR]